2014年05月24日

NORIRIN

のりりん 鬼頭莫宏 
第09巻追加

noririn_v09_00.jpg

少年少女の歪んだ情念を、これまた歪んだ手法で解放する
SF色強い作品のイメージがある鬼頭莫宏

主人公の影あるひねくれたキャラはよく見る鬼頭キャラだが
今作では一切SF色を廃し対象年齢もぐっと上げ、
大人からの自転車体験がテーマ。
おそらく作者がハマってしまったんだろう。

競技自転車のそのやり過ぎなまでに研ぎ澄まされた性能と
ルールに押さえつけられた現状。
持たせられるポテンシャルを搭載できない
持てる力を発揮する場がない 競える相手がいない
自転車そのものが抱える鬱屈とした感情を
いつもの鬼頭節と捉えるなら、それはそれで鬼頭らしいと言えるだろう

続きを読む
posted by Gamma at 20:20| Comment(0) | 鬼頭莫宏

2012年10月05日

nanika mochigatte masuka

なにかもちがってますか 鬼頭莫宏 

NMM_01-01.jpg

全てを見透かしているかのような、謎の高飛車転校生に導かれるまま
不安定な超能力をふるう日比野光。
社会生活においてルールを守らないクソ野郎を
問答無用で強制排除することは、はたして正義か。

謎の転校生一社高蔵は
己の正しさを信じて微塵も疑わず、
優れた知識や洞察力を持ちながら、非現実的な光の能力にもいち早く気付く
という底知れぬポテンシャルを示しているが

森恒二「デストロイ×レボリューション」のユウキと比べると
あきれるほど独善的、極めて矛盾しまくりな厨二理論で
目に付いた犯罪を相手に粛正を繰り返すというなんとも理不尽な恐ろしさ。
言うなれば"刃物を手にしたキチガイ"

のりりん」で、なんか鬼頭らしからぬ平和な漫画描いてるわー
と思っていたら、こっちでその分余計に発散していたのな。

タイトルからして『何か間違って』おり
作中でも時折触れられるように「誰が」「何を」「どの時点で」
「どう」間違ったのかが今後のテーマとなりそうだ。

続きを読む
posted by Gamma at 01:00| Comment(0) | 鬼頭莫宏

bokura no

ぼくらの 鬼頭莫宏 

bokurano_01-000-a.gif

地球そのものを賭けた平行世界との生き残り戦
15人の少年少女から一人ずつ、その命を代償にして
力をふるう巨大ロボット『ジアース』

「空間を転送されてくる」「武器の射程は無限」
「コエムシの超御都合的能力の数々」
「想像すれば動く」「戦闘が終わると操縦者は死ぬ」などなど

おそらくはわざと用意された様々な「冷める」設定から分かるように
本作は決してSFではない。もちろん熱血ロボマンガでもあり得ない。

そもそも500mの巨大ロボットという辺りからして
現代科学とも近未来的空想科学ともおよそかけ離れた
ナンセンス感が漂っており、

ロボット同士の戦闘は物語進行上のファクターの一つでしかなく
重要なのは、具体的な『死』に直面した少年たちが露わにする
恐怖・焦燥・諦め・怒り・嫉妬・復讐・後悔・博愛などの感情なのである。

残り少ない人生で、感謝する者、恨みを晴らそうとする者、
ただひたすら怯える者、命を捧げる者、大人顔負けの覚悟を見せる者、
十人十色の末期の感情に読者は何を感じるか。

そう考えると余計に
ろくに事情も知らず命を散らせた最初の操縦者"和久"が
あまりにも哀れで涙を誘う・・・

しかし、鬼頭莫宏の作品だし・・・な。

続きを読む
posted by Gamma at 00:11| Comment(0) | 鬼頭莫宏
QLOOKアクセス解析