2014年11月11日

chihayafuru

ちはやふる  末次由紀 
第26巻追加

chihaya_v26_000.png

一般人にはほとんど馴染みのない"競技かるた"が題材。
少女漫画でありながら、
主人公達が異例なほどストイックで好感が持てる。

百人一首といえば将棋や囲碁のようなイメージだったが
瞬発力や持久力などフィジカルな能力が必要な競技だし
主人公が超ポジティブ思考の熱血かるたバカという辺りも
スポ根漫画に近いものがある。

競技人口がどのくらいだとか、
A級昇格がどれほど困難なのかとか、まるで知らないが
作中の初心者がみるみる強くなっていくのを見ていると
『「競技かるた」って上達するのそんなに難しくないのかも』
なんて、失礼にも軽く考えてしまいがちになる。

かるた界を本当の意味で活性化させることには
まったく寄与しないどころか、逆方向の影響すら与えそうだが
ただ、かるたに興味を持つ人を増やすことには、大いに貢献しているだろう。

冒頭で、いつの将来か
クイーン戦に挑む千早が描かれているが
「本当の戦いはこれからだエンド」や夢オチじゃなく
クイーン戦を戦いきるまでをきちっと描いてほしいと切に願う。

続きを読む
posted by Gamma at 08:02| Comment(0) | 末次由紀
QLOOKアクセス解析