2014年09月27日

GUYVER

強殖装甲ガイバー 高屋良樹
第31巻追加

guyver_v31-000.jpg

なんと1985年からまだ続いてるヒーローSF
生体兵器の描写は80年代当時なかなか斬新でコアなファン層を確立
数度に亘り映像化されるも、当の原作は
長期の休載や掲載紙の2度の廃刊(休刊?など不運もあって遅々として進まず
7:3詰め襟の主人公とか人類の起源に関わった異星人の設定とか
21世紀の今となっては、ほんのり古臭い感が否めない。

ギガンティックが更に巨大化して街を壊しながら怪獣と戦うとか
86年のアニメオリジナルで登場した女ガイバーが今頃登場するなど
物語が終焉に向かっている気がまったくしないので
開始当初から読んでる読者はいいかげん辟易しているんじゃないだろうか。


上記86年のOAV版の、ガイバーII殖装シーンには当時かなりお世話になったものだが
肝心の原作は、作者がエロ漫画出身のくせに女性キャラ自体があまりにも少なく
「ゼオライマーがエグすぎたのかなぁ」なんて邪推をしていたものだが、
さすがに30年近くも描いてると、トラウマも薄れてきたのか
後期に追加された女性キャラには、お色気カットがついてくる。

今さらガイバーにエロ求めてないので、はじめのスタンスで描いていいよ。センセー
続きを読む
posted by Gamma at 05:41| Comment(0) | 高屋良樹
QLOOKアクセス解析