2014年01月29日

Naruko Hanaharu Collection

短編集 鳴子ハナハル
「ぶらいんどたっち」追加

hanaharu.jpg

単行本「少女マテリアル」に掲載しきれなかった
雑誌掲載のものを集められるだけ集めてみました。
※イメージ画像に下記リストの作品は含まれておりません


ぶらいんどたっち(COMIC快楽天 2014年03月号)追加しました。


【その1】
ネネ(2003年 - 10話まで(未完)、COMIC快楽天連載)

エレベーターアクション(2004年、COMIC失楽天12月号)
クラスメイド(2005年、COMIC快楽天02月号)
でこぼこ(2005年、COMIC快楽天04月号)
ふたり(2005年、COMIC快楽天05月号)
TRYあんぐる(2005年、COMIC快楽天09月号)
スーサイドライン(2005年、COMIC失楽天09月号)
BOY or CHICKEN?(2006年、COMIC快楽天02月号)
ふとんぶ(2006年、COMIC快楽天06月号)
はだかの学校(2006年、COMIC快楽天10月号)
クラスメイド マニアックス(2007年、COMIC快楽天02月号)
ぱらそる(2007年、COMIC失楽天09月号)
りぞらば(2007年、COMIC快楽天10月号)
なめねこ(2008年、COMIC快楽天02月号)
BiKiNi(2008年、COMIC快楽天10月号)
ちんかめ(2009年、COMIC快楽天2月号)
ヒメゴト(2009年、COMIC快楽天6月号)
ユカタでポン(2009年、COMIC快楽天10月号)
はさんで!じゃーまねさん(COMIC快楽天 2010年02月号)
うぶChuッ!(COMIC快楽天 2010年06月号)
愛と母乳と山田汁(COMIC快楽天 2010年10月号)
なまだし☆ぜねれーしょん(COMIC快楽天 2011年02月号)
それゆけ!ふとんぶ(COMIC快楽天 2011年06月号)
ムーちゃん(COMIC快楽天 2011年10月号)
ふたりのディスタンス(COMIC快楽天 2012年02月号)
はめハート(トランプ)どる(COMIC快楽天 2012年06月号)
Suck Me Back Again(COMIC快楽天 2012年10月号)
だぶるす(COMIC快楽天 2013年02月号)
今日からシモベ!(COMIC快楽天 2013年07月号)
ぶらいんどたっち(COMIC快楽天 2014年03月号)

【その2】
僕の歌は君のうた [江戸沢敬史 名義]
(アフタヌーン 2001年03月号)(四季賞 2000年冬 大賞)

Picnic
かみひこうき
キンテイリスの海

ノイジィ・ガール(電撃大王 2008年09月号〜 不定期 未完)
posted by Gamma at 10:39| Comment(0) | 鳴子ハナハル

2013年01月13日

Shoujo-Material

少女マテリアル 鳴子ハナハル
[無修正版(?)]追加
リンク先間違えてました。スミマセン・・・


g_material_00.jpg

快楽天をはじめ青年誌で人気沸騰中の鳴子ハナハル待望の単行本
Gammaも大好きな作家さんです。
もともと筆が遅いのか、ギャラが上がって使いにくくなったのか
テングになって値打ちコイてるのかは、我々では知るよしもないが
近頃、掲載ペースが遅くなってきたように感じるのだけが唯一不満。

続きを読む
posted by Gamma at 12:47| Comment(0) | 鳴子ハナハル

2012年11月12日

Naruko Hanaharu UnderGround

同人誌 鳴子ハナハル

5121_01.jpgpieces01.jpgfiftymiles01.jpgyunaalamode4_01.jpg

今をときめく超人気少女絵師:鳴子ハナハルの同人作品。
他にもあるかもしれませんがとりあえず持ってるものだけ。


リンク

[聖リオ名義] ごーいちにーいち!(ガンパレードマーチ
[聖リオ名義] FFX ユウナアラモード4

Fifty Miles
Pieces 2003-2004続きを読む
posted by Gamma at 03:01| Comment(0) | 鳴子ハナハル

KAMICHU! -KAMISAMA de CHUGAKUSEI-

かみちゅ! 鳴子ハナハル
リンク補修

kamichu01-000-1.jpg

非常に今さらな感じだが、ハナハル作品まとめたのでついでにね。
これアニメ先行のコミカライズの位置づけだと最近まで知らなかった。
てっきりアニメの方もキャラ原案はハナハルだと思ってた。

余談だが、原作のベサメムーチョはWikipediaによると監督・脚本・プロデューサーの合同ペンネームとのこと。その脚本家である倉田英之と再びタッグを組んだ不思議な作品「ノイジィ・ガール」は「ネネ」みたいなことになってしまうのか非常に心配だ。

続きを読む
posted by Gamma at 01:35| Comment(0) | 鳴子ハナハル
QLOOKアクセス解析