2014年01月07日

Soredemo Machi ha Mawatteiru

それでも町は廻っている 石黒正数 
第12巻追加

soremachi_v12_00.jpg

ほのぼのとしていてどこかシュールな下町商店街と嵐山歩鳥の日常。

石黒正数がどうやら気に入っているであろう
「鯨井センパイ」と並び立つキャラ、嵐山歩鳥を主人公とした
ギャグあり、人情あり、SFありのほんわかコメディ。
メイド喫茶が舞台でありながらメイドであることはさほど重要ではない。

途中からエピソードが時系列に沿っていないが
わざとそれに気付きやすい仕掛け(歩鳥の髪とか学年とか)を用意するなど
永遠に高校生で連載を続ける準備は万端だ。

いつまでも続いてほしい。

続きを読む
posted by Gamma at 20:00| Comment(0) | 石黒正数

2012年10月02日

Flutto on Thursday

木曜日のフルット 石黒正数

frutto01_000c.jpg

半飼い・半ノラ猫のフルットを主人公とした脱力系ショートギャグ。

他の石黒作品とは違い、ゆるい作風に準じてキャラクターが3頭身
背景もサザエさん程度にしか描き込まれていないので
アシスタント不要の作品かもしれない。 まさに脱力系。

1話2ページなので、いつまで待ったら続巻分が貯まるのか見当もつかない。

続きを読む
posted by Gamma at 19:03| Comment(0) | 石黒正数

KYOKO to TOSAN

響子と父さん 石黒正数 

kyoko_000a.jpg

比較的常識人のイラストレーター響子と
隣の実家に住む、勝手理論で少し端迷惑な父さん

気ままだが頑固な父さんの隠居ライフに
響子が振り回される様を描いた日常コメディなのだが
なんとそれだけの作品ではなかった。

石黒の短編「ネムルバカ」と密接な繋がりを持つ
サイドストーリーだったのです。

嵐山歩鳥や鯨井先輩がいろんな作品に登場するなど
いくつかの作品をリンクさせたりすることが
石黒は得意なのか、単に好きなのか
しかし本作と「ネムルバカ」ほど密接に繋がった作品は他にない。

過去に「ネムルバカ」を既に読んでいるとベストなのだが
本作で父さんの面白エピソードを一通り堪能してから
「ネムルバカ」とのリンクを楽しむことをオススメする。

ヤシの木のパーカーのエピソードなど
意外な発見があったりする。

続きを読む
posted by Gamma at 18:09| Comment(0) | 石黒正数

ISHIGURO MASAKAZU

短編集 石黒正数 

getenrou_000.jpg NEMURU_002.jpgtanteikitan_0001.jpg
presentforme_0001.jpgpositive-001.jpg

・ネムルバカ
・探偵綺譚
・Present for me
・ポジティブ先生
・外天楼

続きを読む
posted by Gamma at 17:06| Comment(0) | 石黒正数

Agápē

アガペ [原作]鹿島潤/[作画]石黒正数 

agape01_000.jpg

アガペ=100%無償の愛
警視庁刑事部捜査第一課特殊犯捜査第ゼロ係設立に際し
招聘された特異なる愛の人格、一条はるか

交渉人として彼女の"愛"は人を救えるのか。


今をときめく石黒正数の連載デビュー作なのだが
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
いやぁ、酷いね。ヒドい、非道い。

3巻以降、突然作風に著しい変調が見られ
作品世界が精神世界へ飛躍するのはともかく
作画及び表現方法がこれまたおかしな方向へ飛躍していく。

今の石黒作品を知っていると
「なるほど石黒らしい」と理解できなくもない表現もあるが
なにしろ新人時代の作品なので技術も拙く

石黒自身が原作の何が気にくわなくて、どう崩したかったのか
ゲリラ的に何をしてやったつもりなのか
読者に非常に伝わりにくい。というか、Gammaには理解できなかった。

この"いとカオス"な世界観を、原作者自ら指定したとは甚だ考えにくく
原作者との間にいったいどんな確執があったのか
当時新人の石黒が、よくこんな汚い原作レイプまがいの行為を許されたと
呆れるほかないのである。

清濁すべて呑み込みたいという石黒ファン以外には
特にオススメしない。

続きを読む
posted by Gamma at 16:00| Comment(0) | 石黒正数
QLOOKアクセス解析