2012年08月27日

Say hello to BLACK JACK

ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 

shbj_01_0a.jpg nshbj_01_0a.jpg

専門的業種の特殊性を独特な切り口で一般に公開する手法は
「海猿」より一歩も二歩もクオリティが高くなっており、

「面白い」「読ませるなぁ」と、読み始めた頃は思っていたんだが、
その取材をめぐる編集とのトラブルをはじめ、
溜まりに溜まった作家の憤懣を、
あまりにも明け透けに見せられたためすっかり辟易。

他にない作風はある種の希有性をリスペクトできるが
作家本人が楽しんで描いていない事が念頭にあると、
読んでて鬱になりそうで困る。

続きを読む
posted by Gamma at 06:48| Comment(2) | 佐藤秀峰

UMIZARU

海猿 佐藤秀峰 [原案・取材]小森陽一

umizaru_01_0000.jpg

海上保安官という、あまり一般の人が知らない職種の
特に海難事故という特異な現場における
死の恐怖、生への執着、感謝、己の限界に対するジレンマなど
若者の爆発する感情と暴走をドラマティックに描いた、佐藤秀峰の出世作。

佐藤のあか抜けない絵柄が幸いし
主人公達の不器用さや猛る感情がよく表れている力作である。

今作では小森陽一という、
このジャンルに秀でた協力者の具体的な原案と緻密な取材により
ある種ありえなさそうな状況や組織の事情にも
十分すぎる説得力を持たせることに成功しているが

後々、佐藤が「ブラックジャックによろしく」で
取材の至らなさを巡って(他にも理由はあるらしいが)編集部ともめにもめた
原因のひとつに、「海猿」時代にプロットや取材の精度を
小森に依存しすぎたことがあるのではないかと想像できる。

最後に
伊藤英明主演の映画及びドラマ版のイメージをもとめて読むと
良くも悪くも、大きく裏切られるので注意が必要。

続きを読む
posted by Gamma at 05:19| Comment(0) | 佐藤秀峰
QLOOKアクセス解析