2014年09月28日

REAL

リアル 井上雄彦
第13巻追加

REAL_v13_000.jpg

車イスバスケチーム「タイガース」に在籍する戸川清春は
強くなりたい意識が強すぎてチームで上手く機能できない。

ナンパした少女を下半身不随にさせてしまい
罪の意識に苛まれる野宮朋美。

裏付けのない自尊心から下半身不随になった自分を受け入れられず
運命を呪う高橋久信。

三人三様、それぞれが、バスケを通してようやく向き合えた
それぞれの現実(REAL)。

この人はホントにバスケが好きなんだなぁと心底思わせる一作。

横に並べて見るとよく分かるのだが
描画の線一本一本が芸術の域に達しているとの呼び声高い「バガボンド」と
平行して連載されていながら、本作の描線は極めてシャープで硬く、軽い。

歴史上の実際にあった(とされる)伝説級の話や
そこに至る剣豪の紆余曲折の重みに比べると
いかに現代の若者の「現実」とは、ドライで薄っぺらくまた儚いものか
と間接的に感じるこの描き分けが、何とも切ない。

続きを読む
posted by Gamma at 10:55| Comment(0) | 井上雄彦

2014年07月30日

VAGABOND

バガボンド 井上雄彦 
第37巻追加

vagabond_v37_00.jpg

もともと史実定かでない宮本武蔵の伝説的な足跡は
戦中の新聞小説だった吉川英治の「宮本武蔵」に記された
ドラマティックな空想が現実と誤解されていることが少なくない

もはやNHKにも太鼓判を押された
その吉川英治の「宮本武蔵」を原作としながら
独自の解釈や創作を交え、劇画表現にも新たな手法を模索し続ける
いつの間にやら井上のライフワークとなった大作。

その入魂の昇華度合は常人の及ばぬレベルで密しており
ただのバスケバカだった井上を
世界のアーティストにまで引き上げるだけのことはある

休載が多く、また長いのが玉に瑕だが
休まず描くとそれこそ週刊誌だし、
命を縮めかねないかもしれないので我慢して待つ。

続きを読む
posted by Gamma at 09:00| Comment(0) | 井上雄彦
QLOOKアクセス解析