2012年07月10日

AKIRA

アキラ 大友克洋

AKIRA_05_000a.jpg

荒廃した近未来のネオ東京
復興の熱もあまり高くなく無気力な人々の中で
不透明な社会に憤懣を持て余す若者たち。

80年代初頭、
大勢vs反体制の争いの中、堕落したノンポリの
巻き込まれ型アナーキーストーリーを描かせたら
右に出るものはいなかった大友が描くSFはなぜか超能力ものばかり

その集大成的作品であり、氏のライフワークのイメージが強いが
映画制作と度重なる長期の休載をはさんでも足がけ9年という
決して長すぎない執筆の賜物として
異常なまでの加筆修正にはじまるキチガイじみた完成への執着
長編でありながら、ダレず、ブレず、飽きさせない展開に
全世界で今なお評価が高い。

続きを読む
posted by Gamma at 23:16| Comment(0) | 大友克洋
QLOOKアクセス解析