2014年11月14日

A Chef of Nobunaga

信長のシェフ 梶川卓郎 [原作:西村ミツル] 
第11巻追加

nobunaga-no-chef-11_000.jpg

食材の知識や調理の技術、歴史認識以外
自分の出自も元いた世界のことも何も覚えていない男:ケン

現代の料理人が戦国時代に迷い込み
当時まだ確立されていない技法を駆使して美食を創作。
織田信長に拾われて
重要な戦略の駒として重用され、
歴史上有名な合戦の修羅場をくぐり抜ける。

要は、料理人版の「JIN -仁-」だ。

大きく違う点は、元の世界へ戻りたいと強く願っていないことか。

信長という人物に何を感じ、信長の目指す先に何を見るのか。
知識で知る「信長の死」とどう向き合い
ケンは歴史の中で何を成し遂げるのか。

「JIN -仁-」とは違う終焉に期待する。

第01-11巻 以下続刊
posted by Gamma at 08:19| Comment(0) | その他の作家
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
QLOOKアクセス解析