2014年11月26日

PEACE MAKER

ピースメーカー 皆川亮二  
第13巻追加

peace_maker_v13_000.jpg

いったい何に啓発されたのか
これまでの皆川作品と一線を画す舞台は西部開拓時代のアメリカ(?

射撃の腕が唯一のアイデンティティのような男もいれば
曲撃ち師やキチガイ催眠術師や私設軍隊とか
イロモノ・ゲテモノが続々登場する作風は従来の皆川節

せっかく
ガンマン・射撃勝負という"男の世界"をモチーフにしながら
ドロドロ・ネチネチした殺戮狂なストーリーからは
アメリカンなテイストも、スマートさもストイックさも
まったく感じられず、新境地への意欲は買うが、
いつもとまるで代わっていないのは些か残念。

なぜか主要キャラの名前の元ネタはイギリス人ミュージシャン

第01-13巻 以下続刊
posted by Gamma at 03:32| Comment(0) | 皆川亮二
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
QLOOKアクセス解析