2014年11月26日

ALL ROUNDER MEGURU

オールラウンダー廻 遠藤浩輝 
第15巻追加

meguru_v15_00.jpg

特殊な才能を秘めているわけでも、特に熱血な訓練をするでもない
極めて平凡な主人公と、総合格闘技に打ち込む若者たちの物語。

読み切り時代は作品全体が
大友克洋の出来損ない風な青臭いアナーキストの体だったが
本作ではメインキャラクターのひとりに
生と死に直面した生い立ちや日常を与えるにとどまり
主人公:廻をはじめ他のキャラクターの日常や交友、恋愛などがほぼ描写されない
トレーニングと試合を繰り返す、努めてストイックな内容となっている。

しかし、試合のシーンは実際のルールに則ってリアルに描写されている反面
技の見せ方などにも、特に派手さやケレン味がなく
いささか漫画的な爽快感に欠けると言わざるを得ない。
(スポ根ではないので、これはいたしかたない部分

もうひとりの主人公:喬(タカシに重たい過去と現在を設定した反動なのか
今どきの若者にありがちぽい無目的な廻のキャラクターが
はっきり意思表示をしないため、
彼の何に共感し、何をどう応援していいのかさっぱりわからない。

スポーツをする若者の情熱を描くでもなく若者の青春群像劇でもない
結局とどのつまり哲学的な精神の葛藤に帰結するにしても伏線が少なすぎて

極論、廻の勝ったり負けたりって要らねンじゃねーのなんて思う。

続きを読む
posted by Gamma at 12:01| Comment(0) | 遠藤浩輝

NANA & KAORU

ナナとカオル 甘詰留太 

nana_to_kaoru_v12_000.jpg

「年上ノ彼女」で一躍その名を上げた甘詰留太の最新作はSM。
STEP UP "SM" LOVE COMEDY なる「ふたりエッチ」みたいなアオリが入っているのは
兄弟誌でどうなんだと思っていたら同じ雑誌に引っ越してきた。いいのか?

アニメと実写で映像化されるそうで
この作品を機にSMに目覚める人が多少なりとも現れる気がする。
犯罪のきっかけにだけはならないでほしいと切に願う。

秘めたる情念の描写が抜群に上手くなっており、
読者に擬似的"S"体験させるナナの表面感情に加え、
同時にマゾヒズムをも感じさせる寸止めのさじ加減が絶妙。

てっきり作者は、Gammaと同じくヒンヌー教徒だと思っていたのだが、ナナは巨乳だ。
しかしこの人の描く女体は巨乳でも筋張っててなんだか堅そうで、
やっぱり作者的には華奢な方が好みなんじゃないかと勝手に思う。

ナナとカオル Black Label

nana_to_kaoru_BL_v04_00.jpg

敬愛する作家更科修太郎と偶然出会ったカオル、
アダルトショップの店員:橘に誘われたナナが、
立ち会うことになる更科と橘の本物のSM、本物の主従関係

濃密な官能の4日間がはじまる・・・

続きを読む
posted by Gamma at 09:01| Comment(0) | 甘詰留太

Terra Formars

テラフォーマーズ 橘賢一×貴家悠 
第10巻追加

terra_formers_v10_000.jpg

21世紀中旬
増大する人口の移民先を求め、火星開拓を進めた人類。
人が住める環境づくりのために、まず苔とゴキブリを送り込んだ。
そして500年ほどが経過し
整えられた環境の確認とゴキブリ駆除のため
火星に降り立ったチームが目にしたのは
人類と同等以上に進化したゴキブリたちだった。

この程「2013年このマンガがすごい!」オトコ編1位に選ばれた気鋭。

人類 vs.ゴキブリ
誰も描きたいと思わなさそうな異色の題材を選んだ感性も凄いが
それらに蹂躙される「絶望っぷり」がハンパない。

人類が誕生から持ち続ける先天的な嫌悪感、また恐怖。
その恐怖が何に由来するのかを仮説建て、克服の一与となるか
もしくはこの上ないカタルシスを与えてくれることを期待しながら
我慢して読む。

現在、実際に進められている火星移住計画。
そこに先んじて空想と妄想を巡らせた怪作が
70年代の空想科学物語に通じる、未知への希望を
子どもたちに抱かせることが出来ればよいが・・・。


あぁ、そういえば
ゴキブリの改造人間を描いた作品なら他にもあったな。


続きを読む
posted by Gamma at 06:00| Comment(0) | その他の作家

The Perfect World of KAI

ピアノの森 一色まこと
第25巻追加

piano_no_mori_v25_000.jpg

一色まことには珍しく繊細なキャラクターの主人公たち
自覚のない天才と、向上心溢れる努力家
二人の若きピアニストの成長譚

もう少しサクサク話が進んでほしい
あと、ショパンしか弾けない天才ピアニストって
世界に出て行けるものなのか激しく疑問


続きを読む
posted by Gamma at 05:40| Comment(1) | 一色まこと

PEACE MAKER

ピースメーカー 皆川亮二  
第13巻追加

peace_maker_v13_000.jpg

いったい何に啓発されたのか
これまでの皆川作品と一線を画す舞台は西部開拓時代のアメリカ(?

射撃の腕が唯一のアイデンティティのような男もいれば
曲撃ち師やキチガイ催眠術師や私設軍隊とか
イロモノ・ゲテモノが続々登場する作風は従来の皆川節

せっかく
ガンマン・射撃勝負という"男の世界"をモチーフにしながら
ドロドロ・ネチネチした殺戮狂なストーリーからは
アメリカンなテイストも、スマートさもストイックさも
まったく感じられず、新境地への意欲は買うが、
いつもとまるで代わっていないのは些か残念。

なぜか主要キャラの名前の元ネタはイギリス人ミュージシャン

続きを読む
posted by Gamma at 03:32| Comment(0) | 皆川亮二

Hyouge Mono

へうげもの 山田芳裕
第18・19巻追加

hyougemono_v19_000.jpg

どこをどう曲解すればこんなキャラクターが産まれるのか
名だたる武人や利休ほどの知名度やスター性を持たない
古田織部なる偉人をフィーチャーした怪作。

あまり目を引く露出をする機会が少ない織部を
およそ誤解させるに間違いない本作が
千家とか古田縁の人や真面目に茶に向き合っている人などに
よく怒られないものだと感心する。
Gammaの知人の美術商は
「しょうがないので一応読んでいる」と言っていた。

真面目なんだかふざけてるんだか終始掴みにくいのが本作の魅力だが
信長暗殺と千利休の切腹のくだりはガチ

続きを読む
posted by Gamma at 01:03| Comment(0) | 山田芳裕

GIANT KILLING

GIANT KILLING [画]ツジトモ [原案]綱本将也
第32・33巻追加

GIANT_KILLING_v33_000.jpg

弱者が、努力と根性や奇想天外な特訓で強者を倒すスポーツマンガは数在れど
理解されにくい天才肌の監督が主人公のスポーツマンガは稀有である。
言うなればスポーツマンガの「ドラゴン桜」というところか。

熱血スポ根少年漫画のような
実際ではあり得ない必殺シュートも天才的な美技も必要ない。
ここに在るのは、
敵を知り己を知って采配の妙を発揮する監督と
反発しながらも自らのスキルアップや適正を再確認するプレイヤーたち。
タイトル通り、期待されていない所からの「大番狂わせ」の醍醐味が持ち味だ。

加えて
チーム職員の苦悩、弱小チームサポーターの一喜一憂など
サッカーを、試合内容の華やかさや、結果だけでなく
プロセスや業界のシステム、サポーターの心理まで、
まるっとまとめてエンターテインメントに仕上げた
サッカー好きの、サッカー好きによる、サッカー好きのための
サッカーマンガと言っていいだろう。

主人公がフィールドの外という
青年誌ならではの設定が功を奏して良作となったが
こういう作品がすすんでTVアニメ化されるってのは、
いかに今のアニメ視聴者が高年齢化しているか伺い知れてゾッとする。

ツジトモの絵は、線が粗くて雑な印象も否定できないが
ストーリーとのマッチングが微妙に絶妙なので現状で目をつぶるとしようか

続きを読む
posted by Gamma at 00:05| Comment(0) | その他の作家

2014年11月16日

Quod Erat Demonstrandum

Q.E.D.-証明終了- 加藤元浩 
第49巻追加

QED_v49_000.jpg

MITを卒業した天才少年:燈馬想が、
物語の牽引役、兼、助手であるヒロイン:水原可奈とともに
様々な事件を解決する推理漫画

「金田一少年の事件簿」や「名探偵コナン」のヒットに
やや遅れての連載開始となるも

キャラに頼ったりケレン味のある展開と縁がない
実にストイックなドラマ運びと、あまり血生臭くないところ、
また、月刊誌ならではのページの多さのおかげで
基本一話で解決される明快さが評価され
異例のロングヒットとなっている。

続きを読む
posted by Gamma at 16:14| Comment(0) | その他の作家

2014年11月14日

A Chef of Nobunaga

信長のシェフ 梶川卓郎 [原作:西村ミツル] 
第11巻追加

nobunaga-no-chef-11_000.jpg

食材の知識や調理の技術、歴史認識以外
自分の出自も元いた世界のことも何も覚えていない男:ケン

現代の料理人が戦国時代に迷い込み
当時まだ確立されていない技法を駆使して美食を創作。
織田信長に拾われて
重要な戦略の駒として重用され、
歴史上有名な合戦の修羅場をくぐり抜ける。

要は、料理人版の「JIN -仁-」だ。

大きく違う点は、元の世界へ戻りたいと強く願っていないことか。

信長という人物に何を感じ、信長の目指す先に何を見るのか。
知識で知る「信長の死」とどう向き合い
ケンは歴史の中で何を成し遂げるのか。

「JIN -仁-」とは違う終焉に期待する。

続きを読む
posted by Gamma at 08:19| Comment(0) | その他の作家

2014年11月12日

C.M.B. -Welcome to "Wunderkammer"-

C.M.B. -森羅博物館の事件目録- 加藤元浩 
第27巻追加

CMB_v27_000.jpg

大英博物館の「智の守護者」の証である三賢者の
3つの指輪を全て持つ少年、榊森羅は
持ちうる博学の知識と類い希な洞察力で
魔化不思議な怪事件の謎を解き明かす。

姉妹作品である「Q.E.D.-証明終了-」と同一の舞台で
「Q.E.D.」が刑事事件などの推理が主体であるのに比べ
本作では世界的な伝説や怪奇現象などを扱いながら
それでいてしっかりとした理論と証明で現実的に事件を解決する

言うなれば、MMRが提議した問題を
大槻教授と協力して解決するような(ちょっと違うか・・・
ロマンとシリアスが共存するミステリー漫画となっている。

速攻で真相を掴みながら、解決まで勿体つける作風は
「Q.E.D.」とほぼ同じ。

続きを読む
posted by Gamma at 05:01| Comment(0) | その他の作家

VETERINARIAN DOLITTLE

獣医ドリトル 夏緑×ちくやまきよし 
第17-19巻追加

Dolittle_v19_000.jpg

腕は一流だが金に汚く口汚いドライな獣医師:鳥取健一
いうなれば強気なDr.コトー
もとい、動物専門のBJ先生みたいなものか。

動物を救う天才的な技術や行動力、確固たる姿勢・信念なども
見せどころとしてあるが
ペットや野生動物と向き合う人間の側に介在する問題を主題とした
いわゆる王道の青年誌向け専門職ヒューマンドラマ。

Gammaもネコ飼ってるので
役に立つかどうか、また本当に正しいかどうかも定かでない
マンガ知識をたくさん増やさせてもらってマス。

続きを読む
posted by Gamma at 01:21| Comment(0) | その他の作家

2014年11月11日

BILLY BAT

BILLY BATビリーバット 浦沢直樹 
第15巻追加

BILLYBAT_v15_000.jpg

世界を席巻するアメコミの人気キャラクター「ビリーバット」。
忍者の時代から現代まで、
ビリーに突き動かされる者たちが動かす歴史の真実とは何か。

しかし、暗いなぁ・・・

前作「20世紀少年」があまりにもヒットした分、
マイナーなイメージがどうしても拭えない。
鳴り物入りで迎えた講談社の苦悩は如何ばかりか・・・。

どうせまだまだ続くのだから、そのうちに老若男女にウケる
ヒット作に化けると期待するとしよう。

浦沢作品はGammaも大好きだが、いかんせん長すぎる。
そのうえ本作は展開が遅すぎる。

かねてから、この人には
単行本の上下巻で終わるような明快なストーリーを作ってもらいたいと、
ずっと願っているのだが。

続きを読む
posted by Gamma at 12:15| Comment(0) | 浦沢直樹

chihayafuru

ちはやふる  末次由紀 
第26巻追加

chihaya_v26_000.png

一般人にはほとんど馴染みのない"競技かるた"が題材。
少女漫画でありながら、
主人公達が異例なほどストイックで好感が持てる。

百人一首といえば将棋や囲碁のようなイメージだったが
瞬発力や持久力などフィジカルな能力が必要な競技だし
主人公が超ポジティブ思考の熱血かるたバカという辺りも
スポ根漫画に近いものがある。

競技人口がどのくらいだとか、
A級昇格がどれほど困難なのかとか、まるで知らないが
作中の初心者がみるみる強くなっていくのを見ていると
『「競技かるた」って上達するのそんなに難しくないのかも』
なんて、失礼にも軽く考えてしまいがちになる。

かるた界を本当の意味で活性化させることには
まったく寄与しないどころか、逆方向の影響すら与えそうだが
ただ、かるたに興味を持つ人を増やすことには、大いに貢献しているだろう。

冒頭で、いつの将来か
クイーン戦に挑む千早が描かれているが
「本当の戦いはこれからだエンド」や夢オチじゃなく
クイーン戦を戦いきるまでをきちっと描いてほしいと切に願う。

続きを読む
posted by Gamma at 08:02| Comment(0) | 末次由紀

YUREITOU

幽麗塔 乃木坂太郎 
第07・08巻追加

yureitou_v08_000.jpg

時は戦後、昭和29年
金も家族も友人も、生活力も職能もない
無職の天野太一は
ある日出会った「テツオ」と名乗る男装の麗人に導かれ
かつて猟奇殺人が行われた時計塔の謎と
それにまつわる事件に巻き込まれていく。


「医龍」以前にミステリーやサイコものを得意としていた乃木坂の
知名度を得た上での原点回帰というべきか、
それとも新境地というべきか。

ウィリアムスンの小説『灰色の女』を翻訳した、
黒岩涙香の「幽霊塔」をモチーフとし、
作品全体に流れる雰囲気まで見事に引用することに成功しながら
ストーリー自体はまったくのオリジナルとなっており

原作では主人公である「丸部道九郎」なる男が
怪しい謎の権力者として登場することをはじめ
涙香作品への屈折したリスペクトが感じられ

「医龍」執筆で熟練したストーリーテリングの妙と
人間のどす黒い感情を目で表現する卓越した画力で
新しい「昭和のミステリー」が紡ぎ出される。

続きを読む
posted by Gamma at 05:01| Comment(0) | 乃木坂太郎

AGNES MASK

アグネス仮面 ヒラマツ・ミノル 
第06-08巻追加(完結)

agnes-mask_v08_000.jpg

海外武者修行から帰国したレスラー、山本仁吾は
潰された大和プロレスの再起を賭けて
宿敵:帝日プロレスに殴り込むも、
すでに引退し社長業に専念するマーベラス虎嶋に敗北を喫し
謎のマスクマン:アグネス仮面として帝日のマットに上るハメに。

エンターテインメントとガチンコの狭間で
悪役の在り方、客を涌かせる試合運び、ベルトや看板の重み、
マスクマンの悲哀、興業側と選手側のスタンスの差違など

レスラーが内に抱える様々な感情を表現するという点で
故三沢光晴にも認められた本作。

基本は、はた迷惑極まりないアントニオマーベラス虎嶋の
無敵っぷりを楽しめばそれでよい。

続きを読む
posted by Gamma at 00:48| Comment(0) | その他の作家

2014年11月05日

KENKA-KAGYO

喧嘩稼業 木多康昭

kenka-kagyo_v01_000.jpg

3年の休息を経、佐藤十兵衛が、いや、木多康昭が帰ってきた。

アンダーグラウンド編がこれから!というところで
ぶった斬るように第一部を完結した「喧嘩商売」を
なぜだかタイトルを改めて再開。

しかし、商売も稼業も意味変わってないし、
何らかの新たな決意表明と捉えたいところだが
おそらくは木多のことだ。深い意味は無いのだろう・・・。

前作の続きから始まったため、のっけからテンションが高い。
僅かばかりの「富樫いじり」を除くとおふざけ要素が極端に少ないので、
嬉しいファンとつまらなく感じる読者に、二分される気がしてならない。
続きを読む
posted by Gamma at 11:40| Comment(0) | 木多康昭

KENKA-SHOBAI

喧嘩商売 木多康昭

kenka_01_000a.jpg

知人の業界暴露トークに、かなり辛辣な芸能政治のブラックジョーク
相も変わらぬ切れ味・・・
というよりもむしろ青年誌へ移ったことで
「幕張」「うぐいす」時代と全く同じ事を、さらに色濃く
懲りずに繰り返している木多康昭の真骨頂がここにある。

何をもって"真骨頂"を冠するかは、
脱線しつつも、本線のストーリーが比較的まともに進んでいることから
勝手に認定した。

このテイストを「面白い」と認めるのは
Gamma的には極めて"負け"と同義なのだが
次が読みたくなる不思議な魅力があるのだから仕方ない。

連載で読むと全然話が進まずイライラする回もあるが
脱線とディテール過多こそが、木多作品の味付けなので
我慢して単行本で読むことにした。

CGを導入したドライな画風が、本作に限っては
止め絵ではよい雰囲気に仕上がっているようだが
CGに頼りすぎているため、アクションシーンの流れが掴みにくいのが難。

続きを読む
posted by Gamma at 09:25| Comment(0) | 木多康昭

DRIFTERS

ドリフターズ 平野耕太 
第04巻追加

DRIFTERS_v04_000.jpg

関ヶ原の戦いの最中、見知らぬ異世界に誘われた島津豊久。
辿り着いた世界は、エルフやドワーフが存在するファンタジー世界で
様々な場所・時代から流れ着いた武者や戦士が
殺戮と支配に狂気の沙汰を発揮していた。

歴戦の勇士が数々登場する中、
島津豊久を主人公に置くとは相当マニアック。

黒王の正体ってやっぱりアレですよね。

続きを読む
posted by Gamma at 08:10| Comment(0) | その他の作家

JOJOLION

ジョジョリオン ジョジョの奇妙な冒険part8 荒木飛呂彦 
第08巻追加

jojolion_V08_000.jpg

2011年3月に東日本大震災の被害を受けた故郷
その土地をモデルとし、第4部の舞台でもある杜王町で
今新たに起こるジョジョの物語。

時系列で考えると3部がリアルタイムで、4部はその10年後
6部がさらにその12年後と、
スティール・ボール・ランで過去に大きく思いを馳せている間に
再び時代背景がリアルタイムに追いついたジョジョ。

しかし、杜王町を舞台とし、
聞き慣れた名前のキャラクターが数多く登場するし
東方のルーツに7部との関連が記されているが
4部やその他の作品との直接的な関係は今のところ不明

もう『冒険』でもなんでもない作品になってる気が少しするが、
またしばらく様子を見ようと思う。

続きを読む
posted by Gamma at 07:00| Comment(0) | 荒木飛呂彦

ADAMAS

アダマス 皆川亮二 
第11巻(完結)追加

ADAMAS_v11_000.jpg

敵対する組織「シャニ」から父の屋敷を取り戻し
消息不明の父の行方を追うため、
宝石使いという特殊能力で危険なミッションに身を投じる流崎麗華。

という導入はともかく、結局、いつもの皆川作品よろしく
ありえない変態特殊能力同士の「万国びっくりショー」に突入。

いつもと違うのは主人公が女性である点だが
もう少し女性キャラを美しく魅力的に描いてほしい
というのは言ってはいけないのか。

ファンには言うまでもないが
皆川作品のキャラ(とりわけ女性)は一コマだけ抽出したら
何という作品の誰なのか、さっぱり分からないことが多い。
これは、例えばあだち充のように
「全部同じで見分けが付かない」のではなく、
同じキャラなのに全然違う顔に描かれていることが当たり前だからだ。

原作者や作画監修などにおさまり
誰かもう少し繊細な線を描ける人に描かせた方が良作になったに違いない。

女性になっても主人公の性格はいつもと同じだし

あと『流崎麗華』って主人公の名前のセンスがちょっと酷い。
100年続いた名家らしからぬし、
もう少しエレガントな名前は思いつかなかったのか

何か、いろいろ残念な作品。

続きを読む
posted by Gamma at 06:36| Comment(2) | 皆川亮二
QLOOKアクセス解析